役員紹介/ご挨拶

畑澤順理事長

大阪大学大学院医学系研究科放射線統合医学講座(核医学) 教授
大阪大学放射線化学基盤機構 副機構長
一般社団法人日本核医学会 理事長

質の高い核医学診断及び治療を行うにあたり、放射性薬品及び放射線機器に用いる医用アイソトープが安定的に供給されることは何よりも重要です。その一方で、我が国はこれらの多くを輸入に依存していることもあり、生産国の原子炉の故障等による世界的な供給不足に巻き込まれ、供給が途絶するという問題が度々発生しています。これはとりわけ、がん等の疾病の診断や治療を待ち望む患者さんにとって、また私たち医療従事者にとっても大変不幸なことです。

私たちはこの問題を解決すべく、医用アイソトープの国内製造を目指し、ここに産官学の英知を結集して具体的な取り組みを開始することとしました。当面は、既存の沸騰水型軽水炉、また今後建設が見込まれる研究用原子炉等を活用し、テクネチウム製剤の国産化事業を強力に推進するためのオールジャパンでの体制づくりを図ってまいります。

国民の皆様、また関係各位のご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。

諸岡健雄業務執行理事

MSD株式会社 執行役員
公益社団法人MSD生命科学財団 代表理事
山下孝理事

東京慈恵会医科大学客員教授
がん研有明病院 非常勤理事
公益社団法人日本アイソトープ協会 専務理事